夏のために…。

今、つかってる、充電式の首を振らない扇風機。

 車中泊では、夏場がキツイし、危険です。過去の対応は、なるべく標高の高い場所を選ぶのと、就寝前に、車内の温度を下げ、車の蓄熱をいかに減らすかと、空気を動かし清涼感を確保するかでした。

 これは、車中生活でもきっと変わらないと思います。僕らは、過去の経験で考えて、居住スペースへの「クーラーの設置」と「電子レンジ」は不要と決め、電気関係もバッテリは2台乗せてますが、電気供給は標準装備です。
 クーラーは取り付けても、バッテリ駆動は3〜4時間が限界と言ってましたので、長期遠征やバッテリ充電を、車の走行に頼ることの多い私たちには正しい判断かな…。

LG製のブルーレイドライブの電源は、電装システムから引き込みました。

 でも、折角の大容量のバッテリを活用しないのはもったいないです。納車後、直ぐの遠征に備えてLG製のブルーレイプレイヤーを設置しましたが、その電源は、標準装備の電装システムから引き込みました。
 素人の発想なので、あてには成りませんが、冷蔵庫、照明、TV、チューナー、レコーダーを同じタイミングで使用した時に、300W以内をキープすれば大丈夫と判断すると、家庭用扇風機が使えるのでは?

「首振り扇風機」を使いたい!。

プレイヤー専用の電源を利用して、コンセントを増やしてしまおう!と、単純な発想と単純な作業で、カインズホームで¥2400の首振り扇風機を使える様にしました。

レコーダー以外に、2箇所使えます。カインズホームで¥400くらいでした。

普段はTVの後ろにあるので、素人の下手な仕事も目立ちません。
扇風機の取り付け位置は、クリップ式なので、状況に合わせて考えることにします。もしかしたら「素人コンセント」他にも使い道がでてくるかも知れません。

扇風機の配線は、伸縮式なので邪魔になりにくそうです。

登山グッズの収納…。

 僕らが、RAV4からX-TRAILに変更したのは、フルフラットと収納に一番の魅力を感じたからだ。だから、外観に丸みのある新型の発売が決まった年に、それもわざわざ、直線基調の旧型を慌てて注文し乗り換えた。

 RAV4の時と、収納や車中泊の手間は画期的に改善され、ブレスエアーのマットレスも使い出すと、車内は自宅より長い時間寝てしまうほど良くなった。

 今回、ハイエースバンコンに乗り換えるのも、似た様な判断を迫られた状況もある。消費税やX-TRAILの下取り価格の問題、何もしなくても定年の年は決まっていること…。
 何年間かキャンピングカーの展示を見てきて「バンコン」が僕らのスタイルに合ってることは分かってた。

折りたたみテーブルは、普段はネットの蓋になる優れもの。車中泊の原則は、汁の出る惣菜を避けること。だから、毎回似た様な惣菜になってしまう。サラダでさえ、ドレッドに気を使う。

 ただ、定年前に費用や納期なんかを知っておこうと、展示で紹介された店に、帰り道ついでに気軽に“冷やかし程度”の感覚で寄ってみた。すると店に、彼女の希望のスタイルの内装で、僕の希望のスペックと色のバンコンが展示してあった。
 あとは、「天使」と「悪魔」の世界。細かい話は省いて、結局、購入になるわけだが…。

 話を戻すと、車中泊が、車中生活に移行するので、臭いや湿度を真っ先に考える…。
X-TRAILの場合は、「車機能がベースで、車中泊が後」が、バンコンになると、「車中生活がベースで、車機能が後」になると思う。つまり、自宅の空間を持ったまま、移動しながら生活すると考えてみた。

写真がX-TRAILの収納、ストックや登山靴、スパッツにアイゼンがギリギリだが2人分収まってた。実に、良い設計です。車中泊では床下収納状態となるので全く気にならなかった。

 でも、ハイエースバンコンは、真四角な空間の間を上手く利用して、且つ「自宅の空間」を維持しないと意味が無い。
 真っ先に収納を考えたのが、臭いと湿度に無関係では無いであろう3点。
 ・匂いの塊!燃料の携行缶(ガソリンが軽油に変わるが)
 ・汚れと湿度の登山グッズ
 ・汚れと湿度の登山靴

 で、臭いに異常に敏感な僕は、納車以前にサイズなど推定して造ってみた。と、言っても、市販のBoxに少し手を加えただけなんですが…。

市販のBoxを流用し、若干改造したが、全て「密閉できる」がポイント。

A:は、重みがあるが、空缶の時に動いて音が出ない様に隙間を埋め、上蓋を加工して「簡易テーブル&椅子」として使える様にした。X-TRAILの折りたたみテーブルを加工した。密閉度は一番高いと思う。下部は、滑り止めシートが張ってある。

B:は物に合わせ、仕切りを自作した。
 (ストック、スパッツ、アイゼン、折りたたみ傘、簡易三脚など)

下は登山靴用Boxを左右に作った。もちろん、靴の中には簡単な除湿剤は入ってます。

内側は彼女の提案で、内側と上蓋に防カビ、防湿シートを貼り付けてる。