日永岳

ひながたけ
岐阜県山県市 477774021*33 座数:▲494 標高: 1215m
武芸川温泉ゆとりの湯/道の駅・美濃にわか茶屋
登り:3H50M 下り:3H22M

06:50 自宅発 → 08:48 林道入り口 (1:58)→ 09:10 安全と思われる路肩 (0:22)→ 10:15 廃校跡地 (1:05)→ 11:11 登山口 (0:56)→ 13:00 山頂(30分休憩) (1:49)→ 14:43 登山口 (1:43)→ 15:28 廃校跡地 (0:45)→ 16:22 安全で良かった路肩 (0:54)→ 16:36 林道入り口 (0:14)→ 17:20 武芸川温泉ゆとりの湯 (0:44)→ 19:00 道の駅・美濃にわか茶屋 (1:40)

林道入り口までくると「全面通行止め」・・。駐車出来るポイントも無いので、地元の方に話しを聞くと、『しばらくは走れるので、ゲートを避けて路肩に止めると良い』との助言!早速、そうさせて貰います。結局「岩盤崩落の危険」のポイントを避けて停めたので、プラス1時間のロングハイクとなりました。

831-01
831-02
831-03 831-04

林道から残雪が始まり、結構足をとられてしまいます。これが、登山道に入ると、雪に薮こぎで危険なポイントも多いです。特に山頂手前からは、あまりの雪の多さに吃驚です!場所によっては「腰」まで埋まるほどです。流石に両足がはまると焦ってしまいます。

そんな苦労が、山頂の展望で報われます。「御嶽山」も「乗鞍岳」も山の裾野までハッキリと望むことが出来ました。先客の男性の方に記念撮影をお願いしました。いや~っ、本当に素晴らしい展望です。三角点は深い雪の下で、確認することは出来ませんでした。

林道歩きの恩恵は沢山の「ふきのとう」で、帰路でしっかりと摘ませていただきました。下山後は前回と同じで「武芸川温泉ゆとりの湯」で筋肉を癒して、ジャスコで買い出しを済ませ「道の駅・美濃にわか茶屋」で明日に備えます。今の時期が車中泊には一番快適な時期です。明日は、何処に行くか!これから情報収集です。
831-map