カテゴリー別アーカイブ: ★★★★

中小場〜茶臼山〜縞枯山〜雨池山〜三ツ岳〜北横岳南峰〜北横岳北峰

なかこば~ちゃうすやま~しまがれやま~あまいけやま~みつたけ~きたよこだけみなみ~きたよこだけきた
長野県茅野市北山 座数: ▲ 1012〜18 標高:2232m〜2481m
toire諏訪湖SA(75084770*78)
ofuro湯川温泉・河童の湯(218732167*03)toire白駒池駐車場(218806658*58)
距離 14km 最大標高差 405m 平均斜度 全体:0% 上り:10.8% 下り:11.6%
獲得標高 上り:719m 下り:718m
日時 2011年9月10日 07:18:31 ~ 15:36:14 所要時間 8時間17分43秒

001 002 003 004 005

剣ヶ峰(富士山)

けんがみね(ふじさん)
静岡県駿東郡小山町須走 434094366*33 rait 座数:▲1000 標高:   3776m
旅館たかむら(434283546*55)道の駅・すばしり(434103139*88)
距離 18.9km 最大標高差 1893m 平均斜度 全体:0.1% 上り:19.8% 下り:22.3%
獲得標高 上り:1953m 下り:1927m
日時 2011年7月9日 04:25:50 ~ 14:52:21 所要時間 10時間26分31秒

7月9日の剣ケ峰(富士山)で、夫婦で揃っての1000山(座)を達成しました。感謝!感謝。
1000山(座)が近づいてからは、全て彼女の計算通りに進みました。
先週末の掟破りの「十二ケ岳」を経て、偶然にも金曜日に梅雨明けとなる幸運にも助けられ、来週からマイカー規制となる須走口から登り、達成!となりました。

スクリーンショット 2015-03-29 14.07.10スクリーンショット 2015-03-29 14.08.05

スクリーンショット 2015-03-29 14.08.41

スクリーンショット 2015-03-29 14.09.17

前日の道の駅は、夕方から霧に包まれて、天気が心配されましたが「何か持ってる彼女」のパワーでしようか?登り出したらどんどんと回復して行きます!素晴らしい。
以前、御嶽山に登った時にペースを上げすぎて、山頂手前で頭痛がしたので、今回は二人とも、意図的に深い呼吸とペースを遅めに歩きました。その効果なのか、9号目で空気の薄さを感じましたが、結構余裕の行程でした。
それにしても、登山道でダウンしている人の多いこと!富士山で無いと浮浪者と間違えられるか、救急車を呼ばれるような場所、状態で皆さん寝てます。

山頂での記念撮影も順番待ちなんてことも無く、自分たちのペースで堪能しました。山小屋の物の価格にはビックリしましたが、トイレに関しては仕方ないと思うのでした。

下山のスバシリは、快適ですが、硬めの登山靴が結構足に負担で、足の皮膚が悲鳴をあげたので、私はテーピングで養生しました。終わってみると「十二ヶ岳」の時より肉体的には余裕の状態で、道の駅でのビールが最高でした。
イヤイヤ、本当に1000山おめでとう&ありがとう。

二階岳~木ノ実矢塚~薊岳~小屋ノ尾ノ頭~大鏡山

にかいだけ〜きのみやずか〜あざみだけ〜こやのおのあたま〜おおかがみやま
奈良県奈良県桜井市大字多武峰 747637227*41 rait
座数:▲936〜940 標高: 1242m〜 1182m toire針テラス(266670743*66)
距離 11.1km 最大標高差 311m 平均斜度 全体:-0.1% 上り:12.1% 下り:14.4%
獲得標高 上り:680m 下り:693m
日時 2011年4月2日 08:23:05 ~ 13:41:23 所要時間 5時間18分18秒

とても先週と同じ場所だとは思えません。林道の雪も殆ど消え、アイゼンも必要有りませんでした。
所々、凍結も有りましたが、なんとかなりました。起伏の激しいコースですが、開放的なコースは気持ちの良いものです。

スクリーンショット 2015-03-29 15.11.56

黒岳~越前岳~呼子岳

くろだけ〜えちぜんだけ〜よびこだけ
静岡県裾野市須山 50578148*88 rait 座数:▲907〜9 標高: 1086m〜1313m
toire日本坂PA(25188378*33)
ofuroヘルシーパーク裾野(50410482*60)toire道の駅・ふじおやま(434024850*71)
距離 13.5km 最大標高差 792m 平均斜度 全体:0.1% 上り:17.5% 下り:11.9%
獲得標高 上り:954m 下り:942m
日時 2011年2月19日 07:37:31 ~ 14:56:40 所要時間 7時間19分9秒

前日の移動で、氷点下の夜のはずが14℃!シュラフが暑い。さらに、朝の5時で9℃!これは、かなりの異常気象です。
登山口は1℃!晴れのはずが、ガスと時々霙・・。何なんだ?ところが「黒岳」に着く頃には、富士山を望む快晴!??
さて、この後はと思っていたら、強風に樹氷にガスと、残念なんだかラッキーなんだか?

スクリーンショット 2015-03-29 15.46.10

ニュウ~東天狗岳~西天狗岳~中山~丸山

にゅう〜ひがしてんぐだけ〜にしてんぐだけ〜なかやま〜まるやま
長野県茅野市北山 218806658*58 rait 座数:▲844〜8 標高: 2351m〜2329m
toireSA阿智(313704447*33)
距離 15.5km 最大標高差 545m 平均斜度 全体:0% 上り:11.8% 下り:12.7%
獲得標高 上り:886m 下り:886m
日時 2010年9月19日 06:31:34 ~ 15:10:12 所要時間 8時間38分38秒

ロングコースではありましたが、変化があって、疲れも何処えやら!
良い天気にも恵まれて最高の一日となりました。ただ、帰路では高速の渋滞に負けて、SAで泊まることにしました。臨機応変が一番ストレスが無くて良いようです。

000011 000012 000013
000014
000015
000016
000017
000018
000019
000020
000021
000022
000023 000024

池木屋山~霧降山

いけごややま〜きりふりやま
三重県松坂市 595302716*85 rait 座数:▲620〜1 標高: 1396m、1359m
距離 15.9km 最大標高差 1043m 平均斜度 全体:0.4% 上り:14.2% 下り:16.9%
獲得標高 上り:1173m 下り:1109m
日時 2009年3月21日 07:08:51 ~ 14:07:05 所要時間 6時間58分14秒

995-01995-02995-03995-04995-05

 

何度となく、チャンスを見計らって、2008年04月20日にトライして高滝で断念・・。 天気や色んな条件とにらめっこして決めた土曜でした。下山は「霧降山」からの新ルートで下山し、高滝ルートの危険度を改めて感じました。本当に怖いルートです。

「霧降山」から尾根沿いの下山ルートは、展望も良く、開放感たっぷりでお勧めですが、最後は、無理矢理に鹿避けの網の中に入るしかルートは無い様でした。ネット沿いに歩いても良いですが、早めに中に入いる事をお勧めします。 

ただ、この鹿避けと思われるネットの中に鹿が走り回っていて、私たちの歩いているルートでも、2度も鹿と遭遇したので、もしかしたら鹿避けネットで無く、この中で鹿を飼っているのかも?そんな馬鹿なことは無いか・・。

何年も、断念を繰り返した山で“池小屋山”は長年気になっていた山でしたので、二人とも“大満足”!!
特に、前日金曜が午前中雨で、その後は強風で、伊勢湾岸道路では、車が揺れて恐ろしいほどでした、そして完璧な晴れと風の無い穏やかな土曜日。日曜は、土曜の天気が嘘の様な雨で強風の荒れた天気でした。こんな奇跡的な晴れ間に、念願の山を安全に楽しめたのですから、本当に“大満足”!!感謝、感謝なのでした。

日永岳

ひながたけ
岐阜県山県市 477774021*33 座数:▲494 標高: 1215m
武芸川温泉ゆとりの湯/道の駅・美濃にわか茶屋
登り:3H50M 下り:3H22M

06:50 自宅発 → 08:48 林道入り口 (1:58)→ 09:10 安全と思われる路肩 (0:22)→ 10:15 廃校跡地 (1:05)→ 11:11 登山口 (0:56)→ 13:00 山頂(30分休憩) (1:49)→ 14:43 登山口 (1:43)→ 15:28 廃校跡地 (0:45)→ 16:22 安全で良かった路肩 (0:54)→ 16:36 林道入り口 (0:14)→ 17:20 武芸川温泉ゆとりの湯 (0:44)→ 19:00 道の駅・美濃にわか茶屋 (1:40)

林道入り口までくると「全面通行止め」・・。駐車出来るポイントも無いので、地元の方に話しを聞くと、『しばらくは走れるので、ゲートを避けて路肩に止めると良い』との助言!早速、そうさせて貰います。結局「岩盤崩落の危険」のポイントを避けて停めたので、プラス1時間のロングハイクとなりました。

831-01
831-02
831-03 831-04

林道から残雪が始まり、結構足をとられてしまいます。これが、登山道に入ると、雪に薮こぎで危険なポイントも多いです。特に山頂手前からは、あまりの雪の多さに吃驚です!場所によっては「腰」まで埋まるほどです。流石に両足がはまると焦ってしまいます。

そんな苦労が、山頂の展望で報われます。「御嶽山」も「乗鞍岳」も山の裾野までハッキリと望むことが出来ました。先客の男性の方に記念撮影をお願いしました。いや~っ、本当に素晴らしい展望です。三角点は深い雪の下で、確認することは出来ませんでした。

林道歩きの恩恵は沢山の「ふきのとう」で、帰路でしっかりと摘ませていただきました。下山後は前回と同じで「武芸川温泉ゆとりの湯」で筋肉を癒して、ジャスコで買い出しを済ませ「道の駅・美濃にわか茶屋」で明日に備えます。今の時期が車中泊には一番快適な時期です。明日は、何処に行くか!これから情報収集です。
831-map

江股ノ頭~白倉山

えまたのあたま~しらくらやま
三重県飯高町 595305670*58 標高など:1269m,1236m▲441,442
登り:4時間30分 下り:3時間5分

04:20 自宅発 → 07:35 林道終点登山口 (3:15)→ 09:37 ナンノ木平 (2:02)→ 10:22 江股ノ頭 (0:45)→ 12:05 白倉山(休憩30分) (1:43)→ 14:00 ナンノ木平 (1:55)→ 15:10 林道終点登山口 (1:10)

9月24日の瓢ヶ岳では、登山口でヒルに取り付かれて撤収しました。が、今回は天気や雰囲気、体調、山への思いなどなど、総合的に判断して「登る」と言う事になりました。もっとも、この判断の時間は一分程度の事です。
登りも下りも、登山口付近と、800M付近の両脇がシダ類に覆われた湿り気の多い場所で襲われました。私が2匹、Junちゃんは4匹に取り付かれましたが、こまめなチェックの早期発見と出現ポイントのダッシュで何とか肉体的な被害は有りませんでした。ダッシュが多いだけ、今でも筋肉痛は残ってますが・・・。

コースは、いきなりの急登に始まり、尾根に出た後も、山頂付近は薮こぎに、ヤセ尾根も有り変化のある登山を楽しむことが出来ます。展望も満足出来ますし、ブナの明るい道を歩いているだけで、ヒルの攻撃に耐えた価値を実感出来ます。残念なのは、沢山のキノコ達に出会えたのに、900m以下のポイントではヒルの存在が気になって、まともな写真撮影が出来なかったことです。

林道終点にたどり着くまでに、道脇の木々が容赦ない攻撃です。車のボディーが~っ・・。ちなみに、下山後、この木々を車から避けるために林道に降りた数十秒でJunちゃんは2匹のヒルに取り付かれてしまいました。今日は彼女の当たり日でした。

750-01 750-02 750-03 750-04

750-MAP