ございしょだけ
三重県 菰野町
登り:2H15’ 下り:2H15′
標高:1212m 座数:—


06:00 自宅出発→ 08:24 倉滝トンネル西駐車場→ 08:28 裏登山道入り口→ 10:00 7合目 → 10:36 9合目 → 11:42 新峯山→ 12:19 新嶽山→ 13:17 倉滝トンネル西駐車場

 今年初めての鈴鹿方面登山となりました。日高小屋までの道には「ショウジョウバカマ」が沢山咲いてます。

 7合目から景色は一変し、笹と残雪の道となりました。不用意に足を置くと一気に膝あたりまで入り込んでしまいます。“踏み後をたどると安心”と思いがちですが、温度が一気に上がり、雪の下の方はトンネル状態です。5分違うと踏み後も当てになりません!こんな時のステッキはとても重宝します。

 9合目に到着しました。なんとも疲れる残雪の道でした。今回は山頂をパスして朝陽台広場で休憩、中登山道へと進みます。
下山を始めようと歩き出すと「カケス」に遭遇、何とか写真でも認識出来ました。ちゃんと撮る前に後ろから来たハイカーの気配で飛んでいってしまった。

鎌ヶ岳が見事です。
雲母峰の上あたりでは、パラグライダーが飛んでました。
以前に御在所に登った時は、ここからの展望を楽しんでいなかった様で、何か得した気分です。
御在所岳では有名な奇岩ですが、中道を通った事が無かったので私たちは初対面。本当に自然の力はすごいですね。

  山頂からの展望は、この季節にしてはなかなかのものでした。半分覚悟していた。混雑も全く無く、快適な山歩きを楽しむ事が出来ました今回の御在所岳の一番の収穫は「マンサクの花」だったのかも知れません。中道で下山すると、駐車場の近くに出たので楽でした。