ちょうしだけ~しずがたけ
三重県 北勢町
登り:3H30’ 下り:3H
標高:1019・1089m  座数:240~241


06:15~08:15 なじみのR23移動
 青川渓キャンピングパーク内を通り登山口にアクセスする。何とも立派な施設です。何故、こんな場所に!?と思いますが、これも地域活性化の一つなのでしょうか・・。

08:16~09:08 心地よい渓谷歩き
 水量さえ安定していれば、なかなか楽しい渓谷歩きです。水の音も心地よく、草花もてんこ盛り。素ぼりのトンネルも湯滝も味のあるものでした。

09:09~09:55 治田峠(はった)までは苦戦する
 いきなり、ふくらはぎの筋肉の伸びきる登り坂です。おまけに、枯れ草で道が埋まり、滑って大変な状態です。普段は登りでストックを使わない私も、ストックの助けを借りる事にしました。まだ山桜が綺麗で、花びらが風で舞ってきます。

09:56~10:48 開放的な道から銚子岳へ
 峠からは開放的な道が続きますが、それなりに簡単な歩きとはなりません。登山道沿いのイワカガミ達がまだ「つぼみ」の状態なのが残念です。山頂は展望も無いので記念撮影を済ませ先に進むことにします。

10:49~11:45 銚子岳から静ガ岳へ
 分岐に戻り、静ガ岳へ向かって一気に下ります。下っている時から、帰りの登りを想像してしまうのが「ピストンハイク」の空しさです。降りきってしまうと、ゆったりとした道のりとなりました。途中の展望は最高です。

11:46~12:08 静ガ岳山頂で竜ガ岳を眺めながらランチ
 竜ガ岳の山頂に人がいるのがわかります。今日は黄砂のためか、先の山並みは期待出来ない様です。それにしても、静かな山です。

12:09~13:26 一気に治田峠まで
 静ガ岳を下り銚子岳へと登り返す道はまさに心臓破り!途中で何度も足が止まりました。これを過ぎると、あとは峠まで一気に歩く事が出来ました。
13:27~14:30 枯れ草と格闘しヒキガエルを観察しのんびり
 枯れ草の下りは、予想通りの苦戦です。特に、この手の下りを大の苦手とするJunちゃんは、いつもの姿が想像出来ないほどのスローペース!おかげで私は休憩しながらののんびり下山となりました。湯滝まで戻ると、滝からの流れの中にヒキガエルのカップルを2組発見しました。既にしっかりと卵も産んでいて、ユーモラスな姿をしばらくは観察して過ごします。

14:31~14:52 気持ちの良い渓谷、戻ってみると満車?
 お疲れさまでした。戻ってみると駐車場は10台ほどに増えてます。私たちが出発したときは2台だったのに?それほどの人と出会っていないので、他の人たちは藤原岳に登っているのでしょうか?次回、藤原岳に登る時はここからの方が、のんびりと歩けるかも知れませんね。