たなやまこうげん~ふくがわねかんのん)
愛知県 鳳来町
35.004709 137.575015
登り:2H 下り:1H20′
標高:758m  座数:—


【08:50 自宅を出る】
  1999年5月以来の訪問となりました。以前と違うルートがある事に気づき、梅雨で不安定な鈴鹿よりは確実かなと愛知の山に出かける事にしました。

【11:13 副川寝観音遊歩道入り口】
  しっかりとした案内があるので、登山口は直ぐに分かりました。入り口では《如意輪観音》が迎えてくれます。よく手入れされた檜林の間の登山道を進みます。《副川寝観音》は後にして先に山頂を目指します。登山道は階段等が整備されてますが、最近はあまり手が入れられていないのか、倒木や道の崩壊が所々に目立ちます。危険なポイントも多く注意が必要です。淡々とした登りとかなりの湿度が今日の私にはかなり辛いのでありました。

【13:10 棚山高原】
  高原に着くとかなりの開放感です。そのまま今回の目的の《瀬戸岩》を目指します。今日の高原は貸し切りの様で、《瀬戸岩》からの展望も貸し切りですが残念ながらガスで完璧な展望とはいきません。食事をしてのんびりしている間にJunちゃんがとんでも無い所に!おいおい(^_^;)

【13:45 下山開始】
  たっぷり目の休憩の後、下山です。帰りは登りと違いスイスイではありますが、段差のある下りでは膝への負担を感じます。

【14:45 副川寝観音】
  暗くて、滝も観音様も巧く撮る事が出来なかったので紹介しませんが、《鎌倉時代に出来たと言われる自然石を利用して作られた磨崖仏》との事で不思議な観音様でした。

【15:05 無事下山】
 なんか一人で“へろへろ”になったハイクでした。帰りの途中ではあまりの“へろへろ”ぶりに運転を替わってもらって爆睡!その夜から体調を崩したのでありました。梅雨の晴れ間も無理は禁物と言う話でした・・・。