ふうとうざん
愛知県 額田町
登り:1.0h 下り:0.75h
標高:597m  座数:108


9時15分 この天気じゃ仕方無い
 先週に続き今週も (^_^;) 睡眠不足の中、楽な場所と思われる場所をチョイスし出かける事に。しかし、この天気で「家でおとなしくしていろ!」と言う方が無理だと思うのでした。

11時04分 山道を進む
 気を付けないと倒木が道に突き出ていて危険です!道自体は普通車でも大丈夫です。少し体力に不安のある今日は、少しでも登山口に近づいてから、登ろうとのこそくな手段に出たのでありました。
 しばらくすると無事に登山口に到着します。登山口の15m位先の空地に車を停めさせて貰います。丁度、地元の猟師の人たちが暖をとっている最中でした。車の中には、猟犬がキョトンとこちらを見てます。

11時17分 登山口に入る  
「さっき5、6人登っていきよったよ」と猟師のおじさんか先客のいる事を教えてくれました。登山口と言っても古い林道でしょうか?妙に整備されてます!そしてしばらく進むとコンクリートの道に変わり、しばらくはこの道を進む事になります。が、これはとんでもない登りの前兆だとは・・・

11時35分 ガレ道の登りの始まり
 道がコンクリートから「ガレ道」に変わると、登りが続きます。悪い足元に加えて、単調な登りで、景色や周りの草花まで単調なので、結構辛く感じてしまいます。おまけに、登るほど道が解りにくくなっていきます!以前に登った人のマークがとても助けになります。それにしても、きつい登りで「真っ直ぐに登ってる」って感じです。

12時07分 尾根に出る
 なんと長い30分でした (–;) 尾根に出ると、道標が左に進めと教えてくれます。2~3分も進むと、最初の展望に出会えます。この瞬間があるので、止められないのでしょうかネ!う~ん気持良い。

12時20分 風頭山山頂
 しばらく進むとまた登りになりますが、今回は先が妙に明るく、人影が見えます。どうやら、先に登ったグループに追いついた様です。最後のきつい登りを終えると頂上です。結局、山頂への到着時間は前のグループと同じ時間となりました。死ぬ思いで登ったつもりの道でしたが、1時間で山頂に着いた事になります。
  山頂から少し下側に岩場があり、最高の展望です。風も無く、丁度日が射し込んで暖か~っ!!少しガスがあるものの、三河湾まではっきりと観ることが出来ます。名古屋からバスで来た女性5人と男性1一人のグループと写真を撮り合い、展望スペースを分け合ってランチとします。最高の展望 を前に食べるカップラーメンは、町のラーメン屋の味に負けはしないのでありました (^o^) おばさま方からは「野葡萄の乾し葡萄」まで頂きまして!ありがとうございます。

13時00分 下山開始
 おばさま方は、時間調整でもう少しのんびりする様なので、先に下山する事にします。さあっ!緊張の下りとなる事は間違いありません。ストックを締め直し、ガレ道を慎重に降り始めます。

13時46分 無事下山
 少し足が「わなわな」してますが、無事に下山しました。普段なら無い事ですが、帰りの車の運転は途中からJunちゃんに替わって貰って、助手席で少し(–)゜zzz…・・・・(町に戻るまで爆睡!!いびきをかいていたそうな)
 今回の風頭山は、是非山頂でのんびりするつもりで行くことをお薦めします。睡眠不足での登山は危険なので止めましょう!