せとやま
愛知県 鳳来町
標高:515m  座数:67


11時45分 予定変更で不思議な出会い
 まだ時間はたっぷり!体力も余裕だが、「景色の良い所でお昼にしたいネ」と二人の意見が一点の曇りも無く一致 (^^) 通り過ぎた「百間滝」の入り口に車をバックさせます。

 車を停め、お昼をぶら下げて滝の方に下りて行こうすると、階段を青いTシャツの男性と細めの男性が登ってくるのが見えます。道を譲るために手前でよけて、『なんか見た事のある風貌・・』と頭の中で考えていた時に男性が横を通り過ぎます。

 『あ~っ!』思い出しました。もしかしてと「湯浅さんじゃないですか?」男性は少しとまどった表情になりますが、「私TEKUです」で分かって貰った様で・・・
 その後は「ビックリしました」を連発!!いくら、互いに愛知在住とは言え、広い行動範囲を趣味とし、ネット上だけで交流していた者同士が偶然に山で出会う事があるとは・・・不思議です。おまけに、掲示板でなじみの「柘さん」が同伴者でした。更に、後で分かった事ですが、同伴していた「柘さん」実を言うと知多半島在住の方でご近所さんでした。あまりのビックリにゆっくり話しもせずに記念に写真だけ撮って別れました。あ~っ!本当にびっくり!!
 その後、滝の下で食事にしましたが、本当にビックリでした。おっと、忘れてはいけません【滝の様子はこちらでどうぞ】

13時4分 瀬戸山登山口到着
 登山口がなかなか見つからず地元の方に教えてもらい到着したら??なんとも寂しい景色が広がっていました。資料の「美しい植林帯」を期待して来ましたが、生活に密着している低山の現実に遭遇しました。【登山口は細川のバス停より500M程先の赤い消防用のBOXを目印に!!】
 伐採の後で道が埋まってますが、奥に進んで行くとルートが何となく分かります。登山者が少ないためかルートはとぎれがちです。

13時28分 中腹?突然のひろっぱ
 何故か突然広っぱが出現します。案内が無く、右に進むのか左に進むのか?ふと、広っぱの右にマークを発見!!草木でわかりにくいものの何とか道が続いている様です。更に確認すると、先に転々とテープが見え隠れしてます。と、この瞬間はルートを間違えた事に気づいていないのですが、正式なルートは広っぱの左側に進むと案内があり、綺麗に道が有ります。

さて、誤ったルートに進んだわけですが、途中でテープの存在は無くなり「途中で止めるなら最初からマークするな~っ!!」と心のなかでささやかに文句を言い、「茨に気をつけて!!」とルートを探すのに必死であります。いよいよルート不明?さて、「わからへんわ」「縦に行こうか」と、まっすぐ登り始めます「痛て~っ!」と叫びつつ、強引に登るのでありました。今回の場合は、頂上と下の広っぱが常に見える環境にあったので強引に登りましたが、視界が悪かったり足場の確保が難しい時は素直に原点に戻りましょう 

14時2分 正規のルートへ復帰と山頂
 「ふう~っ」と息をつき、歩くこと5分で山頂に到着 ^_^; 山頂からの展望は殆ど無く、途中の木々の間から景色を楽しめる程度です。さすがのJunさんも茨攻撃にちょっと不機嫌ぎみです。
 この時は、どこでルートを間違えたのか気づいて無いので帰りのルートが気になり、「三角点」と記念撮影をすませたら休憩もそこそこに下山です。下山を始めると「綺麗な道がつづいてるやんか?」

14時31分 中腹?広っぱに戻る
 「なんや~っ!!嘘やろ」登った時の広っぱの反対側に降り立った時のむなしさ(^o^) 笑うしか無い。最初の登山道の景色が道無き道を道と思わせたのか?あのテープは何だったのだろうか?

15時00分 登山口に戻る
 お互いに「虫付いて無い?」で確認し合います。こんな事だけ過去の教訓が生きてるみたいです。今日のハイクは天気にも恵まれ色々ありましたが、不思議な出会いは良い思い出になりましたし、最後のルートミスも良い思い出かも・・・