ごてんざん
愛知県 東栄町
登り:1.25H 下り:1.0H
標高:789m  座数:65


7時30分 自宅を出発
 途中の幡豆郡吉良町を通ると【ナシの花】が満開で、今までに何度も通る道なのに初めてナシの木が多い事に気づきました。
10時00分 鞍掛山と千枚田通過
 なにかとお世話になるこの道、そして何故か車を止めて撮影する【同じカット】なのでありました。

10時28分 槻神社に到着
 里の細い道を進んでいくと槻神社で突き当たります。ここに車を停めさてもらい、御殿山に向かいます。御殿神社の道標があり迷うことはありません、竹林から始まる道は直ぐに針葉樹の林に変わり、そしてモミジの林、広葉樹の森へと・・!足下も、それに併せて変化して、歩く事を楽しめる道です。
 但し、景色に気を取られて足下が疎かになると危険ですヨ (^o^) 是非、時間を気にせずにゆっくり歩きたい道です。

 周りに気を配りながら歩くと「赤いのみっけ!!」とjunkoさん、「お~っ」と私、今年初の色物キノコとの遭遇です。「綺麗な~っ」と思わず呟きます、きのこは一個見つけると周りをチェック!!と、有りました。
 彼らの正体は【ベニヤマタケ】で、図鑑によると地方によっては食用としているとの事です。
 この日は前日が雨だったためか、キノコが斜面の高い位置にあると、写真を撮るのも大変です。足下が固定されずに、撮ろうとするとズルズルと・・・
 所々に粘土質の場所もあり、下りは足下要注意ですネ

11時15分 南に展望
 進むにつれ、木々の間の展望がだんだん開けて、最後には明神山と尾籠岩山を見る事が出来ます。更に進むと、一端!!暗い中に入りますが、又直ぐに展望が開けます。
 伐採されたポイントがあり、休憩するにはお薦めの場所です。御殿山の山頂では展望が無いので、ここで十分に楽しみましょう(^o^)

11時40分 御殿山山頂
 御神木?を通り、神事の後か?ただの宴会の名残か?囲炉裏のある小屋を通り、山頂に到着です。展望はありませんが、三角点と記念撮影を済ませます。
 ここでおランチは寂しいので、南側に展望の良かったポイントまで下山し、ランチとしました。

12時45分 槻神社
 今回のハイクは、難所も無く良い気持ちのコースをのんびりと楽しめました。立派なキノコ達にも出会えましたし、「今年も取り損ねた!!」とあきらめていた「つくし」とも下山した場所で遭遇し、しっかり摘んでしまいました。【こんな場所】の麓の「つくし」なので、味も期待出来そうです (^o^)

14時00分 乳岩峡(おまけ)
 このまま帰るのはもったいないので、馴染みの乳岩峡で「キノコ散策」をしてから帰る事に・・結果はダメでしたが【清流】は健在でした。