僕らは、オートキャンプ場を使わない。と、言うか、使うチャンスが無い。
殆どの場合、登山やなんやかんやで、同じポイントに留まってることが無いので、バッテリーも含めて移動式住居状態となってます。

最近、バッテリーのトラブルがあったり、お惣菜を食べるしか無いケースでストレスを感じてます。(2019/05/25以前は常にお惣菜)
この1.6年は、電子レンジ無しでガスコンロで「湯煎」や「鍋」「鉄板焼き」で、お惣菜も焼き直したりしてますが、準備と片付けが負担・・・。

彼女は不満は独り言として、文句も言わずに準備してくれますが、コロナ過で、3食のすべてを対応するのは、とても大変。
僕が、季節に関係なく冷たい食べ物が好きでは無いので、昼食でも「熱い物」を求めてしまい「カップ麺」+「コンビニの揚げ物」に走ってしまいます。



夕食では洗い物のスペースが狭いので、鉄板や鍋は、持って帰って洗うのがベストで、結局2箔以上すると「お惣菜」に頼る結果となってしまいます。
これが、オートキャンプ場に劣る点で、電子レンジを使える様にしなかったのも、バッテリーの負担を減らしたかったからなのですが・・・。

洗い物の問題は無理としても、電子レンジを使える様にして「食のストレス解消」と「コロナ対策」を考える時期なのか!と、勝手に決意しました。

で、電子レンジを使える様にするためには「仕様変更工事」が必要となります。事前見積もりでは「3万円+税」。いや、いや、今は良いとして、2年後にまたバッテリー交換が問題となることは必至。
据え付けサブバッテリーを頼らないのと、自分達の環境に合わせた「仕様変更工事」に、お金は使うべきだろう!。

最終的に出した結論は、

・電子レンジが使える「ポータブル電源」を購入する。
・仕様変更工事は「ポータブル電源」から供給できる様に工事をする。

これが「オートキャンプ場を使わない」「家庭でのサブバッテリー充電が出来ない」僕らの結輪となりました。