ハイエースの燃費を考えてみた…。

平均燃費、どの程度の精度なんだろうか?

我が家の新しい相棒は、

レクビィプラス LV
「2019年モデル:4WD/ディーゼル/2700cc/6AT」
  のハイエース・ロングバンキャンパー専用車。

2019/05/25の納車から、23日経過し走行距離は1400kmを超え、車載燃費計の燃費は

「10.0km/L」となってます。

僕らはこれを「正」として、判断しますが、同じ方法でネットで検証結果を紹介してたので比較してみます。

総合評価「ハイエースディーゼルターボ_10.7km/L」…。

これは、一般の車両のデータなので、「0.7km/L」の差が、
キャンパー専用の車重+常時550kgをプラスした場合、
良い燃費だ!と信じたいですが、どうでしょう?

おまけに、オートクルーズとスロットルコントローラーの
「3-drive · α [ 3DA-C ]」
を取り付けた効果があったと信じたいですが、どうでしょう?

ディーゼル車を選んで、
全国平均価格のリッターあたりガソリンが142.5円、軽油は123.6円で
単価差18.9円/Lの効果がプラスされる
と信じたいですが、どうでしょう?

素人の僕らは、自己満足で

「結構、燃費良いよね。」「良いチョイスだったね。」

と、結論を出すのです。

が、スロットルコントローラーの威力を体感できる「3DA-C」は、初めての経験でした。専門的なことは、メーカーのサイトを見て貰うのが賢明です。

僕らがわかるのは、設定を変えると、走りが全く変わること。素人の感覚でも「燃費変わりそう!」と体感したこと。

残念ながら、以上です。

とにかく、自分たちの選択が、正しかったことを信じよう…。

夏のために…。

今、つかってる、充電式の首を振らない扇風機。

 車中泊では、夏場がキツイし、危険です。過去の対応は、なるべく標高の高い場所を選ぶのと、就寝前に、車内の温度を下げ、車の蓄熱をいかに減らすかと、空気を動かし清涼感を確保するかでした。

 これは、車中生活でもきっと変わらないと思います。僕らは、過去の経験で考えて、居住スペースへの「クーラーの設置」と「電子レンジ」は不要と決め、電気関係もバッテリは2台乗せてますが、電気供給は標準装備です。
 クーラーは取り付けても、バッテリ駆動は3〜4時間が限界と言ってましたので、長期遠征やバッテリ充電を、車の走行に頼ることの多い私たちには正しい判断かな…。

LG製のブルーレイドライブの電源は、電装システムから引き込みました。

 でも、折角の大容量のバッテリを活用しないのはもったいないです。納車後、直ぐの遠征に備えてLG製のブルーレイプレイヤーを設置しましたが、その電源は、標準装備の電装システムから引き込みました。
 素人の発想なので、あてには成りませんが、冷蔵庫、照明、TV、チューナー、レコーダーを同じタイミングで使用した時に、300W以内をキープすれば大丈夫と判断すると、家庭用扇風機が使えるのでは?

「首振り扇風機」を使いたい!。

プレイヤー専用の電源を利用して、コンセントを増やしてしまおう!と、単純な発想と単純な作業で、カインズホームで¥2400の首振り扇風機を使える様にしました。

レコーダー以外に、2箇所使えます。カインズホームで¥400くらいでした。

普段はTVの後ろにあるので、素人の下手な仕事も目立ちません。
扇風機の取り付け位置は、クリップ式なので、状況に合わせて考えることにします。もしかしたら「素人コンセント」他にも使い道がでてくるかも知れません。

扇風機の配線は、伸縮式なので邪魔になりにくそうです。

車中泊のごみの保管

https://youtu.be/coo2lqt7CuQ (レグビィさんも動画で紹介してます。)

 これが、うりの一つとことで、早速6月1日の『大山南光河原駐車場』で利用してみた。

 今までの車中泊では、なるべく、なま物や液体の多い物を避けて、食べ残しのない様に気をつけてきましたが、これからは冷蔵庫と「床下生ゴミ収納庫」が大活躍してくれるはず、でした…。

 夜中の1時過ぎに、運転席側の外で「カサカサ」と音が聞こえ始めます。『隣の人は、もう登り始めるのか?ご来光目的かな?』と、ボーッと考えてると、音が「ガサ、カッ、ゴソッガタッ、キュッ」と激しくなって、明らかに車に振動も伝わってくる。

 これが、お隣さんだとすると“車に傷のレベル”。慌てて、ドアを開け運転席側に回って覗き込むと、グレーの丸い物体が山側に凄い勢いで…。
 「生ゴミかい!」、お隣さんは、不在の様で、逆に迷惑を掛けずに良かったです。奴はタヌキかな?
 実は、車屋さんでの会話で「登山口だと動物が寄って来ないですかね?」と会話したのが思い出されます。

結局、過去からの保管方法に戻す結果に…。

朝に点検すると、若干、バネが伸びた様な気もしたが…。

 街中の宿泊なら、とても便利な「床下生ゴミ収納庫」だと思いますが、自然豊かな場所では、気をつけて利用したいものです。